「妊娠中は蟹を食べてはいけない」って噂はウソ?それともホント?

産まれる前の胎児は胎盤を通じて母親から栄養を貰っています。そして産まれた後も今度は母親の母乳から栄養を貰っています。そのため妊婦の方は子どもに悪影響を及ぼす栄養素は特に制限しなければいけません。カフェインやお酒がよく名前を挙げられますが、他にも「蟹を食べてはいけない」という話があります。これは本当なのか蟹の特徴と一緒に説明していきます。
「妊娠中は蟹を食べてはいけない」って噂はウソ?それともホント?
蟹は食物アレルギーがある中でも症状が重篤なものとされる特定原材料のひとつです。「妊娠中に蟹を食べると蟹アレルギーになる」という話がありますが、厚生労働省から根拠はないと明言されています。そのため妊婦の方が蟹アレルギーでなければ食べても特に問題はありません。しかし妊娠中は自分だけでなく胎児にも気をつけて生活しなければなりません。過食や偏食を避け、栄養のバランスを考えて食事をすることが大事です。これは授乳中の方にも当てはまります。冒頭で説明した通り、赤ちゃんは母親の母乳によって栄養を摂取します。この授乳によって今後子どもの成長の仕方が変わるとも言われているので、妊婦の方だけでなく授乳中の方も是非とも注意してもらいたいです。

 

次に蟹は必ず火を通して生で食べないように注意します。妊娠中は普段より免疫力が低下しており、食中毒になりやすい状態にあります。半生になりやすい蟹しゃぶや蟹味噌は念のために避けることをおすすめします。また、海鮮類にはリステリア菌などの細菌が生息しているため、生のまま食べた場合その菌に感染する恐れがあります。感染してしまった場合、胎児にも感染してしまい早産や流産に繋がりかねません。他にも蟹は昔から冷えた蟹を食べると身体の冷えに繋がるといわれています。女性は元々冷えやすい体質のため、蟹を食べる場合は鍋や焼くなど温かくして食べるようにしましょう。

 

以上のような注意点はありますが、妊娠中にまったく蟹を食べてはいけないということはありません。注意すべき点をしっかり抑えて無事健康な赤ちゃんを産んでください。