毛蟹の旬の時期や美味しい調理方法を教えて!

日本人に好まれるカニとして有名なのが毛蟹です。毛蟹の旬は冬だと思っている方も多いですが、実は毛蟹は年中採れるカニです。そして別名、堅ガニとも言われます。堅ガニには、かにみそが沢山入っています。そしてもう一種、若ガニという種類もあります。脱皮した後のカニを指した呼び方です。食べるとするなら、堅ガニを選ぶ方がいいでしょう。
毛蟹・花咲ガニの旬の時期・調理方法・食べ方の解説
毛蟹は、カニに詳しい方達からは、様々な種類の中でも一番美味しいと評価されており、かにみそで比べてもとても濃厚で最も美味と言われています。毛蟹は、産地により採れる時期が違います。北海道では、大体4つに分けられます。日高産、道東産、オホーツク産、噴火湾産があります。毛蟹を通販で買う場合は、北海道から直送してくれます。
毛蟹・花咲ガニの旬の時期・調理方法・食べ方の解説
直接北海道まで行かなくとも、かに通販 で買うと、水揚げされたばかりのカニを急速冷凍してあるので、とても新鮮な状態で届けてくれます。そして、通販の場合は、訳あり毛蟹と言って、価格的には他のものより安く買える場合があります。

これは、訳ありですが、味は本来の物と変わらないというケースが多く、殻の部分なのに傷があったり、ヒビが入っているカニが安く売られています。毛ガニの相場の価格は、大体一番多く販売されているのは400〜500gです。400gだと、約2000円程となります。300〜400gの小さいサイズだと、一杯で販売するのではなく、3〜10杯位をまとめて売っているので、その分価格も安くなっています。

 

毛蟹は一応一年中採れますが、夏から秋にかけて堅ガニが出てくるので、その時期が狙い目でしょう。毛蟹はかにみそがとても美味しいので、レシピとしては、茹でて食べるのが一番ベストです。その他のレシピとしては、身と一緒にパスタに絡めてもいいでしょう。そして、北海道に昔からあるレシピで、鉄砲汁というものがあります。これは、毛蟹の殻でだしを取り、身をほぐして味噌汁にいれるという料理です。毛蟹・花咲ガニの旬の時期・調理方法・食べ方の解説

花咲ガニってどんなカニ?旬の時期・味・食べ方について

ハナサキガニというカニは、現在の日本では、あまり認知度の高いものではありません。ですが、カニに詳しい方達には、なかなか手に入れにくい代物だと言われています。ハナサキガニは、身体がとてもトゲトゲしています。中には、毛ガニに見間違える方も居ますが、実はタラバガニの一種なのです。

 

タラバガニ科という、タラバガニの近縁種です。大きさは、毛ガニとタラバガニの中間程で、脚が太く短いのが特徴的です。ハナサキガニの名前の由来は、北海道の根室市花咲半島の周りで良く採れていて、花咲港で水揚げされたと言うのが、その理由となっています。そして、別名コンブガニとも言われています。これは、昆布が生えている海域に沢山生息していたため、このような別名が付けられました。

 

ハナサキガニの主な産地は、北海道とロシアです。釧路や根室では、漁期が限られています。タラバガニやズワイガニと違って、ハナサキガニを扱っている通販は少ないです。通販で売られている物には、注意しなくてはいけない事もあります。訳ありや激安と言うのを売りにして販売している所は、古くなっていたり、美味しくないカニが送られて来ることが多々あります。カニというのは、幾つかのランクが付けられます。若ガニよりも硬ガニの方が、身が詰まっていて美味しいです。

 

そして、花咲ガニは子持ちのメスが人気です。このカニの特徴でもある一つが、内子と外子です。これは、高級珍味の一つです。なので、子持ちメスの場合は、オスよりも高値で取引されています。通販では、産地直送の物もあり、産地で採れたてのものをその場で釜茹でされた物もあります。花咲ガニの値段の相場は、約800g で4000〜6000円程と言われています。

 

ここ最近では、水揚げ量が年々減ってきている為、値段が上がってきています。ロシア産の場合ですと、比較的値段も格安で販売されている場合があります。花咲ガニをより美味しく食べるレシピは、身の部分は、鍋に入れたり、焼いたりするといいです。その他のレシピは、高級珍味の内子と外子を醤油漬けするとより一層美味しさが増します。最後のレシピは、鉄砲汁という花咲ガニを使った味噌汁です。
毛蟹・花咲ガニの旬の時期・調理方法・食べ方の解説

特別に4月頃から8月になるまでのズワイガニの身は極めて良いと知られており、食感の良いズワイガニを堪能したいと思うなら、その機会に買い求めることを推奨します。 口にすれば特別に独特の味のワタリガニの最高の季節は、水温が低くなる秋後半から夏前までだと教えてもらいました。この時節のメスは一段と絶妙な味になるので、お歳暮などのギフトとしてしばしば宅配されています。 カニを浜茹ですると、身が激減することもなく、元々ある塩分とカニの美味しさがキレイに反応して、簡単だけれども親しまれている毛ガニの味を満足出来るまで食する事が出来るでしょう。 あのタラバガニを堪能したくなる時期になりましたね。タラバガニの通信販売でお取寄せしようかなと、ネットでいろんなウェブサイトを見て回っている方も、かなりいらっしゃるのでは。 毛ガニときたら他でもない北海道です。水揚後直送の鮮度のいい毛ガニを、通販でオーダーして思い切り食べるのが、この冬には絶対はずせないっていう人が大勢いらっしゃるはずです。 オンラインの通販で毛ガニをオーダーし、水から揚がってすぐゆでられたものを皆さんのおうちでじっくり堪能してみませんか?その時期によって活きた毛ガニがそのまま、ご自宅に直送で送られるというのもありえます。 北海道で獲られた毛ガニは、国外産の品と比べてみると口当たりが絶妙でどんな人でも驚きを隠せません。プライスは高い方ですが、年に1〜2回だけお取り寄せして食べるのですから、絶品の毛ガニを食してみたいと考えますよね。 漁量の少ない花咲ガニは、市場でやりとりされるのも高額な金額となります。通販では割安とははっきり言い切れませんが、ある程度お買い得に買えるストアもちゃんとあります。 市場に出回るタラバガニの大抵はロシア原産なので、ほぼアラスカ沿岸などに占住していて、稚内港へと入港してから、そこを拠点として様々な所へ配送されて行くのが日常です。 珍しいカニなどと言われる花咲ガニの風味。よしあしくっきりとする他のカニとは違うカニですが、興味を引かれた方は、一回、本当に賞味してみませんか? ほとんどの人たちがたまに「本タラバ」と称される名前を雑誌などで読むことがあると想像しますが、水揚げされている「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という事を表す様に「本タラバ」と紹介されているとのことです。 この頃では知名度も上がってきて抜群のワタリガニなので、気軽に利用できるカニ通販などでも注文する人が増えており、津々浦々で味わう事がありえるようになってきました。 人気のズワイガニは、雄と雌で体格が異なり、雌はほとんどいつも卵を包んでいるから、捕獲される各エリアでは、雄と雌を全然違った物として取り扱っています。 蟹は、オンラインショップなどの通販を利用する人が増加しています。まだズワイガニはましで、毛蟹に関しては、ほぼ100%毛ガニを販売している通信販売で買わない限り、ご自宅で味わうことはできっこないのです。 主に昆布を食べる花咲ガニは、なんともいえないだしが出るので、鍋に入れても最適です。花咲ガニの漁獲量はとても少量のため、北海道を除く地域のの市場にいってもおおよそ見かけません。